MENU

 メール交換をしてくれた男性の中で、1人だけ一般的な会話を多めにしてくれる人がいました。
もちろん私が興味を持っているエッチな方向の話もいろいろとしてくれて、とてもドキドキした気分を味わうことができていました。
普通の会話をすることにやって、相手の人となりというものが分かってくるものです。
彼とは一番多くのメールを続けて行きました。
メールで調教をされる、そんな関係になっていったのです。
これだけでも凄くエッチな気分が盛り上がっていましたが、その後にしたSkype通話でのテレフォンセックスが刺激的なものとなってきました。
彼の言葉責めを受けて、本当にメス豚になれたような気がしたのです。
「もも子の臭いオマンコは洪水なんだな」
「は…はい…ごめんなさい…いっぱいヌルヌルして…」
「ほんとうにエロい子なんだな、セックスのことばかり考えていて」
「はい…ご主人様…もも子は悪い子です」
通話をしているだけなのにもかかわらず、こんなに淫らな気分になってしまったのは初めてだと思います。
自分が本当に淫乱な女になっている、それを感じていきました。
通話だけでもこんなに気分が盛り上がるんだから、リアルだったらどうなってしまうのか、それを考えると身震いしそうでした。
通話による調教もとっても激しい刺激を覚えることができて、今までに感じたことがないような快楽を得られたのでした。
何度かこのような事を繰り返し、そして彼に誘われるがままに会う約束をしてしまいました。

私が性奴隷になる日が決定したのです。
ずっと憧れだったプレイ、肉便器になって男性におもちゃにされる。
これが実現することになっていきました。
怖い気持ちよりもはるかに期待する気持ちが大きくなっていて、この男性だったらきっと本当の自分をさらけ出すことができるに違いないと確信していました。

 

性奴隷にされたいドM女性のおすすめ
性奴隷募集サイトBEST5
定番サイト登録無料