恋する季節が過ぎても変わらない気持ち

そのままの君でいて欲しい

オナニーアプリ

彼女を作るための合コンもコロナのせいで出来ないし欲求不満が溜まるからオナニーアプリを利用してもお金がかかるし、オナニーアプリや、出会い系で有料のサイトを利用するためにお金を使いたいのにバイトの時間も削減されて稼げない状態です。やりたいのにやれない。俺はダメ元で元カノのナミに連絡をしました。すると、半年ぶりに連絡したから驚いていましたが、コロナのせいかナミは幼稚園の先生で今、コロナが幼稚園の保護者にかかってしまい休園なっていて暇しているとの事でした。俺は久しぶりに会わないかと誘ってみると「外で遊びぶのは怖いからうちで会うならいいよ。」ということになり久しぶりにナミの家に行くことになりました。
オナ電掲示板
久しぶりに行ったナミの家は少し汚かった。仕事が休みだからゲーム三昧と言って羨ましい生活を送っているなと思ってしまいました。しかも、やっているゲームが任天堂のあのゲーム。そのため一緒になって楽しんでいました。時間はあっという間に2時間が経ち、お腹が空いてくるとナミが手料理作ってくれることになりました。久しぶりのナミの料理美味しかった。ナミと別れた理由が俺が平日休み。ナミは土日休み。すれ違いが続き別れたけれどもう一度ヨリを戻せるか、それともHだけでも出来ないかなご飯を食べながらそういうことを考えてしまう俺。すると、ナミからご飯食べたらどうすると言われ俺は「デザートも欲しい。」と、言ってナミにキスをしてみた。それに答えてくれて舌を入れてくれました。
イメプ専用板
イメプパートナー募集

テキストのコピーはできません。